さく水の「孤独のチョイ飲み!ヘルシー篇」

お腹タプつきマン…

さて、仕事終わりの夕まぐれ…。もっかの悩みは、そう、腹まわりだ。このところかなりタプついてきた。
しかも、今日はついにベルトの穴を一個ゆるめてしまった。すっかり、お腹タプつきマンになってしまったのだ。
敗北感にうちひしがれる、こんな夕べのチョイ飲みは、ヘルシーにいこう。

やって来たのは、いつもの、さくら水産某店のカウンター。
さて、ヘルシー飲みにぴったりなツマミは…と。もちろん、今日は野菜!

オレ様だけのチョイ飲み・ヘルシーアワー!

野菜の前にまずは酒だ。ここでハイボールなど頼んでしまうと、ついつい肉系のつまみが欲しくなる…慎重を期して今日は梅酒ロック。
梅酒か…なんてヘルシーな響きなんだろう。
そして、最初のツマミは、トマトだ。冷やしトマトをオーダーしてみる。

やがて、運ばれてきた梅酒をコクリと一口。上品な甘さに喉が鳴る…梅酒飲むの、何年ぶりだろう。
さて、トマトも登場だ。スライストマトが皿の上で満開になっている。見事にトマトだ、いさぎ良い。スライスの一片を一口で頬張る。酸味と甘味、イタリアンなドレッシングの旨味が口に広がって、どんどん唾液が出て来る。トマトってこんなうまかったっけ?

エスニック&ワイルド!

梅酒とトマトで、なんだか、ヘルシーが板についてきたオレ。さて、次の展開は、と…。
目に止まったのが「サラダタコス」なる一品だ。どうやらタコスの皮にくるんで野菜を食すらしい。
では、こいつと…さらに一品、温かいメニューで〆るか。ニラ玉をチョイス!

さて、タコスだ。白い皿に、白いタコスの皮、トルティーヤが並び、その上にお行儀よくレタスや玉ねぎ、そしてまたトマトが乗っている。こやつらをトルティーヤで包んで、ガブっ!トルティーヤのもっちりした歯ざわりの直後、野菜のシャッキリ感が追いかけてくる。サルサソースの風味もなかなか良い。もっちり、シャッキリ、もっちり、シャッキリ…なんだか止まらなくなる。

さて、最後にニラ玉の登場だ。
ニラというのは不思議な野菜だ。野菜のくせに、旨味がすごい。口にどっさりとほおばり、その繊維質を両顎でザックザックと噛みしめる。顎がどんどん野生を取り戻していくようだ。卵のやさしいとろとろ感と、ニラの繊維の中からじゅうじゅう溢れてくる旨味成分…。今日のヘルシーチョイ飲みの〆にふさわしいキャスティング。ヘルシーな上に、スタミナもモリっと!

千円札二枚を出してお釣りをしまいながら、オレは考えた。
このプチ至福をもたらしてくれる「チョイ飲み」っていったい何だ?晩ご飯じゃないし、酔いたくて飲むわけでもない。そうだ、これは、大人にだけ許された「夕方のおやつ」なのだ!

アナタだけのチョイ飲みをお近くのさく水で
-*-*-*-*-
さく水のお店はコチラ!

おすすめの記事